鍛冶屋ヒューグ
SMITHING MASTER HEWG

blacksmith_hewg_npcs_elden_ring_wiki_300px
出現場所 円卓
役割 鍛冶屋
CV: James Doherty

 鍛冶屋ヒューグ はエルデンリングに登場する NPC の一人。
 鍛冶屋ヒューグ は円卓に囚われている鍛冶屋。

 

 

___会話文はまだ登録されていません__

I'm a prisoner, and these are my chains. I'm trapped by the Hold, undying, smithing for you fools. That's all there is to it.

 

鍛冶屋ヒューグ 出現場所

出現場所:円卓

 

イベント / 鍛冶屋ヒューグ

鍛冶屋ヒューグと初対面時:

  • 鍛冶屋ヒューグに話しかけると、武器の強化が依頼できる。以後、装備の強化はヒューグがメインになる

 

 

調霊師ローデリカ

  1. 円卓にローデリカが到達した時、ローデリカに話しかける
    • ローデリカは、何か自分にできることはないか、探している
  2. ヒューグに話しかけると、ローデリカに調霊の才があることを見抜く
  3. それをローデリカに伝える。「蛹たちの形見」を渡している場合はセリフが追加され「黄金の種子」を貰える
    • 形見を渡さずに移動した場合、黄金の種子は嵐丘のボロ家で拾える
  4. ロードを挟むと、ローデリカがヒューグに話しかけたことがわかる
  5. 鍛冶師ヒューグに「ローデリカについて」聞く
  6. ローデリカに「鍛冶師の言葉を伝える」
  7. 鍛冶師ヒューグに「ローデリカについて」聞く
  8. 「ローデリカを預かってみないか?」と伝える、さらに「彼女がそう望んでいる」を選択
  9. ロードを挟むとヒューグの前あたりにローデリカが移動し、霊体の強化が可能になる

 

 

燃える黄金樹

  1. 巨人たちの山嶺/ボス「火の巨人」を倒し、巨人の火の釜で発生するメリなとのイベント後、ローデリカが円卓の暖炉前に移動している
  2. 鍛冶屋ヒューグとローデリカ、それぞれに会話が追加

 

 

神肌のふたり撃破後

  1. 崩れゆくファルム・アズラ/ボス「神肌のふたり」を倒した後、ヒューグに会話が追加
  2. その会話を聞いた後にローデリカに話しかけると会話が追加

 

 

灰都ローデイル到達後

  1. 灰都ローデイルに到達後、ヒューグに会話が追加
  2. その後ローデリカに話しかけると会話が追加
  3. 全ての会話を聞いた後にロードを挟むと、ローデリカが暖炉前からヒューグの前へ戻る

 

 

会話ログ / 鍛冶屋ヒューグ

初対面 Introduction

  • XX

後で話をする After Accepting

  • XX

おすすめ Recommendation

  • XX

話をする Small Talk

  • XX

その他 Other

  • XX

 

鍛冶屋ヒューグ 小ネタ / TIPS

  • ふいごや、強火力の鍛冶設備が見当たらない中、素材だけで神を殺す武器を片手ハンマーで完成させており、十分怪物である(邪推)

 

登場人物/NPC
しろがねのラティナ  ♦  ならず者  ♦  アルバス老  ♦  イレーナ  ♦  エドガー  ♦  エンシャ  ♦  カーリア騎士、ムーングラム  ♦  ケネス・ハイト  ♦  タニス  ♦  ディアロス  ♦  ネフェリ・ルー  ♦  ハイータ  ♦  パッチ  ♦  ミリセント  ♦  メリナ  ♦  ラニア  ♦  ラーヤ  ♦  ロジェール  ♦  亜人のボック  ♦  半狼のブライヴ  ♦  双子の老婆  ♦  古騎士、イシュトバーン  ♦  召使いのピディ  ♦  小壺  ♦  戦士ネフェリ・ルー  ♦  指読みのエンヤ  ♦  指読みの老婆  ♦  放浪の民の商人  ♦  放浪商人カーレ  ♦  死を狩る者、D  ♦  死衾の乙女、フィア  ♦  永遠の女王マリカ  ♦  源流の魔術師、アズール  ♦  源流の魔術師、ルーサット  ♦  狂える三本指  ♦  白面のヴァレー  ♦  百智卿ギデオン=オーフニール  ♦  聖職者コリン  ♦  血の指の狩人、ユラ  ♦  調霊師ローデリカ  ♦  賢者ゴーリー  ♦  軍師イジー  ♦  鉄拳アレキサンダー  ♦  門衛ゴストーク  ♦  隠遁商人  ♦  魔女レナ  ♦  魔女狩り、ジェーレン  ♦  魔術師セレン  ♦  魔術師トープス  ♦  魔術教授セルブス



Tired of anon posting? Register!
Load more
⇈ ⇈